弘中だけど大崎

勝者野球ニュース始まりました。
おいらと同じ感じであるのは、阪神の2前後ね。ココね。不思議なんですよね。
必ずや、リリーフ達。桑原、マテオ、ドリスというリレーは素晴らしいし、あとは高橋とか、リリーフは良いけれども、先発が秋山というメッセンジャーはいるけど、ほかは??ですし、打線も今も福留、鳥谷、糸井という覇者たよりというため、来季いったいですが、どうなっていくのかな?ってね。
不安であるし、これは谷繁も言っていたけど、ぐっすり2前後になったというのもある、見ていて、著しいは思ってはいないけれども、勝てなかったというのも起こるのよね。
それはリリーフの強さなんでしょうけれどもね。
で、あとは気持ちにはなるのは。賢人ですね。
デーブが話しているのも極めるけれども、覇気がないというのも残るね。何でしょうね。お公家みたいな感じで本心がないという企業ね。
で、来季ですけれども、マイコラスいなくなったのはきついというね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です