タカシの矢吹俊郎

おいら、目下、降水でなければ、歌、カラオケにでも行って、やしきたかじんの歌も、歌いたいところですよね。だいたいね、けれども、今日の直感でお酒入って、歌ったら、感情を抑えきれずに、泣いてしまうかもしれないですけれどもね。いやあ、これは、参りますわね。泣いてしまったら、傍ら、傍が、如何なる対応をするのか、注意あるのかな?っても、思いますけれどもね。歌うからには、都内。は、歌わせていただきますよね。それは、甚だしく好ましい歌ですよね。たかじんの歌なんですが、ああいう感じの、毒舌ですが、なぞ、みんなが言いたいことを、才能ってなのか、わっているのか、わかりませんが、代弁して得るのは、そして、軽い気分がね。とってもびいきでしてね。で、歌と、トーク、司会やるときの、キャラクターが、まったく違うのはね。そうして、色事の歌うたわせたら、ベストやしね。一旦、こんなヤツは、もうでて欠けるのでしょうけれどもね。けれども、悲しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です